日別: 2016年11月11日

捺印マットを敷く

これは必ず必要なことですが、案外忘れている方も多いのでご紹介します。「捺印マット」とは印鑑を押す際に書類の裏に敷くマットのこと。弾力があり印鑑を押すために作られているので、捺印マットを敷くだけでもキレイに押すことが出来ます。

通常は店頭や印鑑の通販サイトで売られていますが、柘植・象牙・黒水牛などの印鑑には、かたすぎず柔らかすぎないほどよい捺印マットがおすすめです。また、捺印マットを持っていない場合は厚めのノートを代用して書類の下に敷くと良いでしょう。

捺印マットは通常、真ん中が膨らんでいる作りになっています。そこで、「の」の文字を書くように最初は真ん中に少し力を入れて押し、その後印鑑の重さを重点にくるっと右回転に回します。回すといっても印鑑自体を動かして回すわけじゃありません。あくまで押した状態で、「の」の字を書くように意識してください。そうすることで、捺印マットを上手く利用して綺麗に印鑑を押すことが出来ますよ。

捺印マットに万が一朱肉がついてしまったら必ずふいてくださいね。捺印マットは普通、朱肉など油や水気がついてしまうと取れにくい性質を持っています。次に押す時に残っている可能性があるので、注意しましょう。