日別: 2016年11月17日

押し印のコツ

押し印のコツは捺印マットを下にしいて押すこと。そして、捺印マットがない場合はノートや紙を10枚以上重ねたものを代用して、適度な力加減で「の」の字を書きながら押すことです。

この手順で押し印をすれば必ず失敗しません。また、押し印が終わった際はすぐに離すのではなくゆっくりと離しましょう。朱肉には油が含まれています。すぐに印鑑を離してしまうと朱肉が紙に残らずすぐにはがれてしまいます。押し印が終わったら、かならずディッシュやガーゼで拭きとります。拭きとる際はぎゅっと拭き取るのではなく印鑑に残っている朱肉をぽんぽんと押すように拭き取ります。そして軽くあてて、時計回りから反時計回りに拭き取るとキレイに取ることが出来ます。

よっぽどの材質が劣化していない限り、印鑑自体が破損する可能性はありません。ですが、使い方が粗いとすぐに印面が破損してしまいます。大切に扱う工程を毎度行うことで劣化を防ぐことが出来るので、「拭き取り」は大切です。印鑑を押すマナーに欠かせないことがもう1つ。「重ね押しをしない」ことです。重ね押しは非常に失礼な行為であり、もし書類を機械に通すことがあれば更に迷惑な行為となってしまいます。注意しましょう。